背が小さいから高校で部活はやりたくないと思う前にやってほしいこと

背が低いと部活やクラブでも悩みを抱えることがあり、しかもそれは親にも話せないという悩みになったりします。

 

例えば、身長を伸ばしたいという思いからバレー部やバスケ部に入るもなかなか背は伸びない。

そして背が低いために試合に出れず、なかなかチャンスも与えられない。

さらにはミスをしたら「小さいからだ」と身長のせいにされたり、「もう諦めてマネージャーになったら?」なんて言われることもあるでしょう。

 

よほど強い想いを持ってやっていないと、そこで辞めたくなってしまいますし、中学3年間は続けても「高校ではやりたくない」と言うかもしれません。

 

 

身長を理由にしたくはないけれど・・・

 

もし子どもが「もう部活を辞めたい」と言い出したら、「なぜ辞めようと思ったの?」と聞くでしょう。

しかしその理由が「身長が小さいから」では、誰も幸せにならない答えになります。

 

親も精一杯やっているし子どもも精一杯やっている。でも思ったように身長が伸びない。誰も悪くないのに、誰も何もできない。

そんな思いが子どもにあれば、やはりなかなかその心境を話すことはできないと思うのです。

 

207

 

子どもといえど、一人の人間です。

プライドもあれば、親に心配をかけたくないという気持ちもあります。

ですので、適度な距離感を取りつつもきちんとコミュニケーションを取って、子どもの変化に気づくことができればベストですね。

 

 

体の大きさや強さはレギュラーの絶対条件

 

今あなたのお子さんがスポーツをしているとしたら、できることなら高校や大学などより高いレベルでプレーしてほしいと願っていると思います。

 

では、どうすれば高校や大学でも活躍できるプレーヤーになるにはどうしたらいいのか?

もちろん、才能や環境などの要因もあるでしょう。

しかし、最も大きな要因は「体の大きさ」「体の強さ」です。

 

208

 

野球を例にしてみましょう。

背の高い子と背の低い子では、どれだけ頑張っても球速に差がでてきます。

やはり背の高い子の方が速い球を投げられる可能性が高いですし、背が低い子は球速以外の武器を自分で見つけないと生き残るのが難しくなります。

また怪我が多い子だと、どれだけ才能があっても心半ばで引退することもあります。

 

ですので、「体の大きさ」「体の強さ」というのは活躍するプレーヤーの絶対条件と言っても過言ではないでしょう。

強豪校なら厳しい練習に耐え抜かないと、怪我ばかりではレギュラーは無理です。

そして、そのためには小学生にやってくる成長期に十分に成長させることが大事になってきます。

 

 

成長期には伸びる順番がある

 

成長期の成長には順番があります。

1:神経系=目・動体視力・反応速度
2:一般系=身長・体重・筋肉・骨
3:生殖系=脂肪・生殖機能

スポーツをやる場合だと「1:神経系」「2:一般系」が特に大事になってきます。

 

「1:神経系」は12歳くらいまでで完成し、「2:一般系」は12歳以降の成長期で一気に伸びます。

ただ、成長期は一気にグーンと背が伸びると思われがちですが、実はこのように伸びていきます。

 

成長曲線

 

体の大きさや身長の高さなどは「一般系」が伸びる時期に合わせることで、最大限の効果が期待できます。

 

 

成長期のピークを知る方法

 

では、どうやれば成長期のピークやラストスパートに気づくことができるのか?

それは『身長をこまめに測る』ことです。

「最近、背が伸びるのが早くなっている気がする」と親御さんが気づいた頃には、もう成長期のピークは終わり、下りに入っている可能性の方が高いです。

 

学校だと年に1回の身体測定がありますが、それだと確実に見逃してしまいます。

市や区がやっているトレーニングジムなどで身長や体重が測ることもできるので、トレーニングついでに定期的に測るようにすると、成長期のピークを見逃さずにすむのでオススメです。

期間としては2~3ヶ月に1回は身長と体重を測り、それを記録しておきましょう。

 

039

 

もしそれが難しければ、『体重を毎日測る』という方法もあります。

なぜ体重も測るのかというと、正常な成長期を迎えていれば身長が伸びると同時に体重も増えるからです。

 

成長期ですから食事量も増え、骨や筋肉も大きくなるので自然と体重は増えます。

そして成長期において身長と体重の伸び方はある同じで、ピークもほぼ一致します。

体重が増えたのは数字でわかるので、増えるスピードが早くなれば身長の伸びるピークに入ったと考えてもいいでしょう。

 

 

3年後の輝かしい未来を信じて、今できることをやりましょう!

 

もし身長が伸びているのに体重が思ったほど増えていない、または減っているならそれは明らかな異常なので注意しましょう。

スポーツ障害かもしれませんし、女の子なら思春期にありがちな無茶なダイエットや摂食障害などの可能性も疑った方がいいと思います。

 

もしそういう悪い症状や状態がなく自然と身長や体重の数値が増えているのなら、完全に成長期のボーナスタイムに入っているので、ここに全力を注ぎ込みましょう。

ここでの成果が3年後のプレーに大きな影響を及ぼします。

 

040

 

成長期スパートでしっかりと身長を伸ばすために、身長と体重を増やす。

そのためにはしっかりとした食事(カロリー)と栄養素が必要です。

それが「成長期の成長ボーナスを受け取る条件」だと思ってください。

 

→ 成長期の「成長ボーナス」を満額で受け取るためには?

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。