少年野球の試合前の食事や昼食で他の子と差をつける栄養補給法

少年野球の試合だと早ければ朝8時や9時から開始ということもあるでしょう。

そして仮に9時だったら、9時ギリギリにつけばいいというわけではないのが大変なところです。

30分前に集合していないと失格になるケースもありますし、朝イチでの試合のため寝ている体を起こして動けるようにするために、準備運動を入念にする必要があります。

 

特に冬場だと寒いこともあってできるだけ試合開始までに体を温めて、それを維持しておきたいとなるので、集合が試合開始の2時間前とかになることも多いです。

9時試合開始で、8時30分までには集まっていないといけません。

しかもウォーミングアップや全体練習を2時間するとなれば、家と球場の距離にもよりますが6時には出発するなんてこともあるでしょう。

 

198

 

さらに子どもが起きて用意する時間も必要ですので、起きるのが5時とかになってしまう。

そうなると親子ともども朝からてんやわんやだし、それが毎週続けば子どもが好きでやっている野球であっても親は疲れきってしまうでしょう。

 

そして、そんな朝早くから起きて行くのですから、朝が弱い子だとゆっくりとご飯を食べる時間もないでしょう。

移動の車の中で食べることができればいいですが、食べることよりも寝ていたいという子の場合、これから試合だというのにエネルギー補給がほとんどできないまま、練習や試合に行くことになります。

しかし、それだとプレーに力が入らないので、本来持っている力を発揮することができません。

 

046

 

前振りが長くなってしまいましたが、今回はこの試合直前または直後の食事や栄養補給についてお話していきます。

この方法を知っておけば試合の最後まで集中力が続くようになり、また疲労などで起こる怪我を防ぐこともできますよ。

 

 

少年野球の試合当日はスケジュールがキツい

 

少年野球の試合時間は1時間15分と決められており、グラウンド整備などに15分取り、1時間30分ごとに試合が行われています。

例えば、1試合目が9時なら、2試合目は10時30分というように。

 

そこで問題になってくるのが、お昼からの試合です。

冒頭から話している試合当日の朝からの行動を考えると、仮に球場までの移動時間が30分だとした場合こういう流れになります。

 

【12時からの試合】
08:30 遅くてもこの時間には起きておきたい
09:30 家を出発
10:00 球場到着、ウォーミングアップ開始
12:00 試合スタート
13:15 試合終了

【13時30分からの試合】
10:30 遅くてもこの時間には起きておきたい
11:00 家を出発
11:30 球場到着、ウォーミングアップ開始
13:30 試合スタート
14:45 試合終了

 

これを見ていると、僕なんかはこう思います。

「お昼ご飯はどうするんだろう?」と。

 

199

 

さすがに朝食べてから試合が終わるまで何も食べないというのは無理です、空腹では力は出ません。

かといって、満腹で試合に挑むと体の動きが鈍ったり、集中力が散漫になるのでそれも避けたい。

 

そうするとおにぎり2個くらいの軽い食事しか食べれません。

しかも、消化を考えると最低でも試合の1時間前には食べておきたいです。

食べてすぐ動くのもできることなら避けたいですから。

 

となると、それを考えてスケジュールに変更しないといけませんので、当然ながら前倒しのスケジュールになります。

 

【12時からの試合】
07:30 遅くてもこの時間には起きておきたい
08:30 家を出発
09:00 球場到着、ウォーミングアップ開始
11:00 軽食を食べる・小休憩
12:00 試合スタート
13:15 試合終了

【13時30分からの試合】
08:30 遅くてもこの時間には起きておきたい
09:30 家を出発
10:30 球場到着、ウォーミングアップ開始
12:30 軽食を食べる・小休憩
13:30 試合スタート
14:45 試合終了

 

なかなかハードスケジュールですね・・。

ただ、試合前なのは仕方ないにしても、おにぎり2個というのは正直微妙です。

 

できるなら、試合中にも栄養補給できるのが望ましい。

いくら試合前に食べたといっても、試合中にドンドン蓄えたエネルギーは消費されていきますから。

 

032

 

大人でもそうですが空腹になってエネルギーがなくなってくると集中力が落ちてきます。

特に子どもだと集中力が低下したことでプレーに精彩を欠き、最悪の場合は怪我に繋がる可能性もあります。

 

ですが、野球では基本的にベンチの中での食事は禁止になっています。

高校野球のようにある程度しっかりとした球場ならベンチの裏でこっそりと塩アメを舐めたりバナナを食べたりすることもできますが、少年野球の場合は完全に屋外の球場の方が多いのでなかなかそれも難しいでしょう。

 

そして、もし先ほどのスケジュールが2試合のダブルヘッダーだとしたら?

試合終了と同時に食事となりますが、その食事も疲れた体を回復するための食事であって、次のプレーのためのエネルギーを蓄える食事にはならないでしょう。

 

 

回復と補給のための『補食』を取り入れよう

 

食事には『回復』と『補給』の2つの意味があり、それぞれに『回復のための補食』と『補給のための補食』が必要です。

食の準備は体の準備になりますが、同時に心の準備にもなります。

空腹だとやはり心ここにあらずとなってしまいますし、きちんと食べれることでより勝利や結果に繋がりやすくなるでしょう。

 

034

 

そこで提案したいのがこの方法です。

「サプリメントを回復の補食として使い、おにぎりなどの軽食を補給のための補食として使う」という方法です。

 

筋肉の消耗や疲労を回復させるには「BCAA」というアミノ酸が必要になります。

ちなみにBCAAは「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」の総称です。

他にも鉄分・ビタミン・マグネシウム・カリウムなど、激しい運動で失われた栄養素も補給しておきたいです。

 

フィジカル12

 

それらを補食で補給するのが『回復のための補食』です。

そして、それに適切だと思うのが『フィジカルB』です。

 

これは粉末タイプのサプリメントなので、水やスポーツ飲料などに溶かせば簡単に飲むことができます。

フィジカルBを溶かしたドリンクを試合前の練習が終わった後や試合後に飲むこと『回復の補給』になり、その後におにぎりなどを食べれば『補給のための補食』になります。

 

048

 

またフィジカルBを溶かしたドリンクを試合中に飲むことで、試合中の消耗や疲労の軽減にもなり、最後まで集中してプレーすることができます。

ただ、試合中のエネルギー補給を考えると「糖質」の補給もしておきたいので、その場合は水で溶かすよりもスポーツドリンク・炭酸の抜いたコーラ・オレンジジュース・ココアなどで溶かした方がいいでしょう。

 

 

保護者同士のトラブルを防ぐために

 

そしてこの方法の最大のメリットは少年野球にありがちな、「みんなが同じものを食べないといけない」とか「各家庭で差ができないようにというチームの配慮」などを気にしなくてもいいという点です。

 

例えば、「試合当日の昼食は全員おにぎりにする」と決められていたとしましょう。

そこで我が子だけ副食で別のおかずを食べていたり、ウィダーインゼリーみたいなのを飲んでいると、後で他のお母さんからやっかみや影口を言われたり、監督からも注意が入る可能性はあります。

その辺の大人の事情というか、面倒くさい感じってどこの少年野球チームにもあると思うので。

 

しかし、フィジカルBを炭酸の抜けたコーラやオレンジジュースに混ぜておけば、他人から見ればコーラやオレンジジュースを飲んでいるようにしか見えません。

よくある足の引っ張り合いや同調圧力をうまくかわして、不必要な対立やストレスを増やさないためにも、この方法はオススメしたいですね。

 

『フィジカルB』の公式サイトはこちら

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。