子どもにファストフードはNG?条件付きなら食べさせてもOKな理由

子どもの体の成長を考えた時、ファストフードを食べるのはあまりオススメできません。

高カロリーかつ高コレステロール、なおかつ栄養素は偏っている。

そのため、普段の食事としては不合格です。

 

体の成長に必要な栄養素を摂るには4つのルートがあります。

・成長に必要な栄養素
・スポーツに必要な栄養素
・筋肉修復に必要な栄養素
・疲労回復に必要な栄養素

この4つに適した栄養素を摂ることが、成長期の食事に必要となります。

 

そして、その基準をファストフードは何も満たしていません。

 

 

運動をしているなら筋肉修復と疲労回復を重視

 

成長に必要な栄養素の「3大栄養素+ビタミン+ミネラル」、スポーツに必要な栄養素の「トリプトファン+ビタミンB1+グルタミン酸」 、これらは普段の食事でも意識してれば十分に摂ることができます。

 

038

 

しかし、以下の2つはより意識して摂るようにしましょう。

筋肉修復に必要な栄養素は「BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)」です。

BCAAはサプリメントで摂ることが多いですが、牛肉・まぐろの赤身・卵・牛乳などでも摂ることができます。

 

疲労回復に必要な栄養素は「ビタミンB1・アリシン・クエン酸」です。

ビタミンB1のために豚肉・うなぎ・抹茶・たらこ、そしてビタミンB1の吸収を高めるアリシンはにんにく・たまねぎ・ねぎ、疲労回復に硬貨のあるクエン酸にはグレープフルーツ・オレンジ・トマト・いちご・酢の物などを意識的に食べるといいですよ。

 

 

ファストフードは「補食」と使う分にはアリ

 

こういった栄養素がほとんどないファストフードは「食事」としてみると、ただカロリーと空腹を満たすためだけの食事のように思えます。

しかし、子どもにとってのファストフードは一種のイベントですし、あまり無理に禁止するのはストレスにもなるかもしれません。

 

ですので毎回はダメですけど、たまには「補食」として使うのはどうでしょう?

ファストフードは炭水化物・タンパク質・脂質・糖質が豊富なので、トレーニング前や試合前もしくは試合後のエネルギー補給として使うのはアリだと考えています。

 

162

 

例えば試合が終わって何も食べないのと菓子パン1個を食べるのでは、菓子パンであっても食べた方が体にはいいです。

ただファストフードで消費エネルギーを補給しようとしてもこれだけだと栄養が偏るので、ビタミンやクエン酸などをサプリメントで補うなどのひと手間は必要です。

 

 

セットで食べるとカロリーオーバーになります

 

そして、食べる量にも気をつけましょう。

例えば、ハンバーガー1個で約250キロカロリーあるので、ご飯1杯分になります。

そこにポテトなどのフライものやコーラも合わせるとカロリーオーバーになります。

 

試合前なら満腹になって体が重くなりますし、試合後だと満腹でその後の食事をちゃんと食べれなくなります。

ですので、あくまでも「間食」「補食」としての適した量を意識しましょう。

 

→ 成長期に身長が伸びないのは栄養不足?食事を補う「補食」の重要性!

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。