成長ホルモンに睡眠時間は関係ない?睡眠以外の2つの分泌方法

「成長ホルモンは寝ている間に分泌する」というのは聞いたことがあるでしょう。

これは医学的な根拠に基づいたことですが、それ以外にも成長ホルモンを分泌させる方法はあります。

成長ホルモンは寝ている時間だけでなく、それ以外の体の反応に合わせて分泌されます。

 

例えば、運動した後もそうですし、成長ホルモンの分泌を助ける栄養が入った食材で作った食事の後なら、昼夜問わず分泌されます。

そのため、身長を伸ばすには「運動・睡眠・食事」と言われるわけです。

 

 

食事が全てのサイクルを回す原動力

 

そして、特に重要視したいのが「食事」で、その中で最も大事なのが「朝食」です。

成長過程において食事は十分な栄養を取るために必要な行為です。

 

僕も朝寝坊ばかりで「食べる時間がない」「朝からご飯は食えない」と朝食を食べない子でしたが、その結果が身長は165cmでストップしました。

もちろん、これだけが原因だったとは思いませんが、大きな要因の1つだったと考えています。

 

110

 

しかし、朝食を食べているなら何でもいいと言うわけではありません。

何も食べないよりは何倍もマシですが、だからといって毎食カロリーメイトとかでは意味がないです。

 

それに加え、日本人の食事内容はどうしても穀類と炭水化物と脂肪が多く、タンパク質やビタミンやミネラルが不足しがちです。

つまり、肉・魚・野菜を多くする必要があります。

特にビタミンとミネラルは不足すると筋肉が生成されないので、絶対に取っておきたい栄養素です。

 

 

成長ホルモンの分泌を促す食事はお金がかかる?

 

しかも、成長期の子どもが必要とする食事量は普通の子で成人レベル、スポーツをやっているならそれ以上の食事量になります。

それだけの食事量をご飯などの炭水化物抜きで揃えるとなると、経済的に難しいでしょう。

 

038

 

炭水化物抜きダイエットをやったことある人ならわかると思いますが、普段の食事から炭水化物を抜くと、ほとんど食べるものがありません。

炭水化物抜きでお腹一杯食べようとなると、肉や野菜の量もかなり多くなり、結構な食費がかかります。

成人男性で少食の僕でも、月の食費が1.5万~2万円くらい増えましたから。

 

ですので、炭水化物は積極的に使うしかありませんが、カロリー補給に関して言うなら炭水化物はベストな選択です。

ただ、それだけだとどうしても栄養が極端に偏るので、肉や野菜も多めに摂りたいですね。

 

しかし野菜なんかは不作になると急激に値段が上がって、買うのを躊躇する値段になってしまいます。

 

072

 

経済的に厳しいという家庭なら「やってあげたい」という気持ちがあっても、なかなか難しいということがあるでしょう。

僕の家も母子家庭でお金に余裕があったとは言えないので、その気持ちはよーーくわかります。

 

「でも、できることはしてあげたい!」と考えているなら、こういう方法がオススメです。

 

→ 野菜が高いので買えない?子どもの成長と栄養不足が心配ならコレ!

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。