小学生の子どもが平均身長より低い?食事で気をつけたい2つのこと

小中学校の子どもを持つ親御さんの悩みに、「どういう食事をしたら体が大きくなるのか?」があります。

小中学校なら子どもの友達もある程度把握しているでしょうし、ママ同士の交流もあるので、その情報が頻繁に入ってくると思います。

そして「小学校から仲の良いあの子は中学に入って急激に背が伸びたのに、うちの子は全然伸びない」と悩むこともあるでしょう。

 

 

まずは美味しい食事、楽しい食卓を作ろう

 

子どもの体を大きくするために、まず「カルシウム」とその吸収を高める「ビタミンD」。そして、筋肉をつけるために必要な「タンパク質」の3つが特に重要です。

高校野球ファンだけでなくプロ野球ファンも注目の清宮幸太郎みたいに、小学生で180cm近い身長を目指すのであるなら、相当緻密にかつ厳密に「一日三食の献立」を考えていかないといけません。

 

053

 

しかし、それは普通の家庭だとなかなか大変なことです。

 

ただ、アスリート家庭ならまだしも一般的な家庭ならそこまでこだわる必要はないと思います。

肉・野菜・魚・炭水化物をバランスよく食べ、その食事が楽しいものであることの方が何倍も大切です。

 

037

 

体を大きくするために無理して食べるとか、嫌でも食べないといけないというのは、本当に苦痛です。

広島カープ・阪神タイガースで活躍した金本知憲も引退の時に「これでもう無理して食べなくていい」と言っていました。

 

金本知憲といえば40代でも過酷な筋力トレーニングを続けていましたが、そのトレーニングよりも食べることの方が辛かったと語っています。

球界を代表する選手であっても無理に食べることは苦行なのに、小中学生が体を大きくするための食事をするのは難しいでしょう。

 

 

栄養バランスに気をつけすぎるのも注意

 

また栄養面にばかり気をとられていては、子どもの食欲も失せてしまいます。

極端な例ですが、健康を意識しすぎて精進料理みたいな夕食だとしたら、子どもは食べないどころか、もしかしたら食卓にすら来なくなるかもしれません(笑)

 

なので、まずはきちんとお腹一杯食べれるような美味しくて楽しい食事、これを第一に考えた方がいいですね。

その上で、栄養バランスに不安があるなら子ども用のプロテインやドリンクタイプのサプリメントを飲ませるといいと思います。

 

063

 

これらにはカルシウムやタンパク質の他に、骨の成長を促すビタミン類なども入っています。

もちろん、大事なのは「バランスの取れた食事を一日三食きちんと取る」ことですが、それを補助するためのプロテインやサプリメントも活用しましょう。

 

ただ、1つ注意点があって、こういったプロテインやサプリメントには大人用や子供用に関係なく、人口甘味料などの食品添加物が入っています。

食品添加物の中にはカルシウムを奪ってしまうものや、肥満や成長の遅れを起こす原因になるものもあります。

もしプロテインやサプリメントを活用するなら、そういったものが入っていないものにしましょう。

 

→ 食品添加物ばかりだと栄養補給できない?身長が伸びない危険性も!

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。