食品添加物ばかりだと栄養補給できない?身長が伸びない危険性も!

子どもの成長を促進させ、身長を伸ばすために、栄養のある食事は誰もが知るところでしょう。

できるだけバランスの良い食生活は心身の成長にプラスの影響を与えます。

そう考えるとお子さんを持つお父さん・お母さんはこのことに注意を払わないといけないと思い始めるはずです。

それが「何を食べさせて、何を食べさせないか」です。

 

ジャンクフードを避けたい3つの理由

 

「人間の体は体内に入ったもので作られる」と言っても過言ではないでしょう。

高校生や大学生になって筋肉をつけるためにまず太らなければいけないとなれば、スナック菓子や炭酸飲料などのジャンクフードを食べるのはアリです。

しかし、成長期に入るであろう小中学生であれば、こういったジャンクフードはできるだけ避けた方がいいですね。

 

では、なぜジャンクフードは避けた方がいいのでしょうか?

その理由はたくさんありますが、大きく分けて3つになります。

1:脂質と糖質が多く、栄養バランスが偏る。
2:ジャンクフードで満腹になる、きちんとした食事を取らなくなる。
3:食品添加物の過剰摂取の危険性がある。

この3つです。

 

073

 

「1」の脂質と糖質が多いものはケーキやチョコレートなど美味しいものが多いです。

トーストにジャムとマーガリンを塗ったものとか、デブになるためのパンと言ってもいいレベルのものですが、めちゃくちゃうまいと僕は思っています(笑)

 

まぁ、それはいいとして、こういう食べ物はカロリーがかなり多いです。

トーストにジャムとマーガリンを塗ったものは、パン1個で600キロカロリーとかになるんじゃないでしょうか?

2枚食べたら1200キロカロリーで、下手すればカツ丼よりもカロリーが多くなります。

そのため意図的に太る必要があるアスリートや、トレーニングがハード過ぎて普通の食事では痩せていくというアスリートが食べる分にはいいですが、一般的な摂取カロリーの人だと、大人子ども関係なくオーバーカロリーになる可能性が高くなるのです。

 

「2」の満腹になってきちんとした食事が食べられないというのは、世の中のお母さんの頭を悩ませている問題の1つではないでしょうか?

夕食前にポテトチップスを1袋食べてしまって、それである程度お腹がいっぱいになってしまい、夕食を残してしまうということが日常的に起こっているかもしれませんね。

 

「3」の食品添加物は、例えばアメリカのお菓子みたいな色がカラフルなものには「合成着色料」が使われています。

また炭酸飲料や清涼飲料水には甘味を作り出す「合成甘味料」が使われています。

こういった食品添加物はビタミン不足を生み出したり、骨や血管に蓄えられたカルシウムを奪うなど、人体に悪影響を与えます。

 

 

食品添加物のない食事は無理と言っていい

 

ここまで読んで「食品添加物は怖い」「食品添加物のない食事を!」と思ったあなたは、本当にお子さんのことを考えている素晴らしいお父さん・お母さんだと思います。

そんなお父さんやお母さんには申し訳ないのですが、「この日本において食品添加物が一切ない食事をすることはほぼ不可能」ということをお伝えしておかないといけません。

 

159

 

ご自身で農場や牧場を経営していて、全て自分のところで用意できるという人ならまだ可能性は高いですが、食材は地域のスーパーで買っているというのならば、食品添加物をゼロにすることは難しいでしょう。

そのため、「できるだけ意識して食品添加物を取らず、その上で食品添加物とうまく付き合っていく」という考え方を採用してみてはいかがでしょうか?

 

これはどういうことかというと、例えば僕が子どもの頃は公園でお菓子を食べていて地面に落ちたとします。すると「3秒ルールだからOK」といって食べていました。

そういう経験ある人っていますよね?(笑)

あれって今思うとちょっとは内臓を鍛えたり、ばい菌からの抗体を作るのに役立ったのではないかと思うのです。

 

食品添加物も同じです。

仮に全く食品添加物を食べない生活をしてきた人がいたとしましょう。そんな人は食品添加物を食べたら、すぐにお腹を壊したり、体調を崩してしまうでしょう。

しかし、この国は地震大国で、いつどこで自分が被災者になるかわかりません。

 

160

 

もし被災者になったら復旧するまでは、コンビニのおにぎりやカップラーメンという食事が続くことになるかもしれません。

そんな状況下で食品添加物が全く受け付けない体だとしたら、せっかく地震の危険から幸運にも生き残れたのに、何も食べれず弱っていってしまいます。

 

ちょっと子どもの成長とは違うテーマの話になってしまいましたが、こういった理由からも食品添加物とはうまく付き合っていかないといけないと僕は考えています。

 

 

カルシウムを奪う食品添加物に注意

 

だからと言って食品添加物を気にせずに、何でも好き勝手に食べていいというわけではありません。

食品添加物には多くの危険性が含んでいます。

ですので、まず気をつけたいのは炭酸飲料や清涼飲料水、それにカップラーメンやスナック菓子などのジャンクフードはできる限り食べないようにする、これは徹底してください

ただし、全部を制限するというのはNGです。それは子どもにとってもストレスになります。

 

例えば、お菓子を食べるならビタミンEとポリフェノールが豊富なアーモンドが入っているチョコアーモンドはOKにするなど、子どもにも抜け道を作ってあげてください。

これをするだけでも、子どもが摂取するであろう食品添加物の何割かはカットすることができます。

 

161

 

最後に繰り返しで申し訳ないですが、食品添加物の中でも炭酸飲料や清涼飲料水に入っている合成甘味料は、骨や血管の中にあるカルシウムを奪ってしまいます。

身長を伸ばすために必要なカルシウムを奪っていくのは、子どもの成長にとってはとてつもない天敵です。

 

ですので、もしあなたのお子さんが成長期に来ているのに少食気味だったり、スポーツをしているのでもう少し多めに栄養を取るようにしたいと考えているなら、成長応援サプリメントを使うのをオススメします。

ただし、今回お話したように何でもいいというわけではなく、人口甘味料などの食品添加物が入っていないものがいいでしょう。

 

 

どういうサプリがいいのか、オススメをいくつか紹介しているのでぜひ参考にしてください。

 

→ 『オススメ成長応援サプリランキング、BEST3』を見る

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。