身長が止まったのは家庭環境が原因?親だからこそ心の余裕を持とう!

スポーツをやっていると身長が低いとか体格が小さいというのは、どちらかというとデメリットになります。

そのため親子ともに少しでも背が高くなればと、「毎日牛乳を飲む」「バランスの良い食事をする」「ちゃんと8時間以上寝る」などの努力をしていると思います。

 

しかし、学校で行う身体測定の結果、思ったほど伸びていないということもあるかもしれません。

 

子どもから身体測定の結果を聞いたら、「えっ?全然伸びていない・・」と怒りと焦りの気持ちも出てくるでしょう。

そしてなぜそう思うのかというと、その気持ちの奥に「あれだけ頑張ったのに・・」という気持ちがあるからです。

 

ところが、そういう神経質な親の態度が、さらに身長の伸びを悪くさせるのです。

 

 

身長を伸ばすのに食事や睡眠よりも大事なこと

 

ここで1つ質問です。

「身長を伸ばすために一番大切なことは何でしょうか?」

 

「栄養のある食事」
「ちゃんと運動する」
「きちんと熟睡する」
「カルシウムが大事」
「のびのびと育てる」

など色々な要素がでてくるでしょう。

 

しかし、それらは二番目以降に大事なものです。

一番大事なのは「親の愛情」です。

 

056

 

「えっ?何言ってるの?」と思ったかもしれませんが、食事・睡眠・運動がきちんと取れていたとしても、家庭内が平和で親の愛情がないと子どもの成長は鈍ります。

 

それは「子どもの心身の成長は、精神状態に左右されるから」です。

精神状態が不安定だと不眠になったり、成長ホルモンの分泌量が減り、身長の伸びに悪影響を与えます。

 

夫婦喧嘩が絶えないとか、家庭内は冷え切っているとか、転勤族で引越しが多いとか、虐待されているという子は、日々ストレスにさらされているので、どちらかというと身長が低い傾向があります。

逆に片親であっても親の愛情を受けている子は、それなりに成長しているものです。

 

 

精神的ストレスで不安定な子は低身長になりやすい

 

例えば、虐待をされている子は平均よりも体のサイズが小さいことが多いです。

 

それはいつどんな時にどんなタイミングで親から虐待されるかわからないので、いつもビクビクと精神的に安心できず、眠りも浅くなり、成長ホルモンがでなくなります。

 

030

 

そういう家庭だと食事も粗末なものになるでしょうから、栄養不足にもなり、結果的に平均よりは小さくなってしまいます。

 

「家庭内が平和で親の愛情が大事」と書きましたが、特に子どもの身長に悪影響なものが「夫婦喧嘩」です。

頻繁に夫婦喧嘩をしている家庭だと、子どもが情緒不安定になります。

 

子どもは親の関係を調整する役割を自然とするので、夫婦喧嘩が多いと以下のような傾向が子どもに出てきます。

・「自分が悪い子だから喧嘩している」と必要以上に優等生になろうとする
・両親の「共通の敵」になることで団結を深めようと、悪い子(不良)になる
・両親の仲を取り持とうと、道化師(ピエロ)のように振舞う
・「自分が何かしたせいだ」と思い、自分の意見や気持ちを言わなくなる
・「自分にも火の粉がかかるのでは」と、身を守るために引き込もりになる
・「早く大人になって家を出たい」と思うので、思春期が早くなる

など、こういった症状が出ます。

 

これって「人格乖離」の入口です。

そして、常に親の言動を気にし、空気を読み、無意識な緊張状態を維持し続けるようになります。

あと、思春期が早くなると以前にも話しましたが、「思春期=大人への準備=成長の最終段階」なので、思春期が早ければ早いほど最終的な身長は低くなります。

 

068

 

例えば日本人の子どもの全員が、思春期が始まると絶対に20cm伸びるとしましょう。

A君は思春期が早く、11歳・135cmの時に始まった。
B君は思春期が遅く、14歳・155cmの時に始まった。

絶対に20cm伸びると仮定したら、B君の方が身長が高くなるのは明らかですよね?

 

こんな風に身長の伸びと家庭環境、特に両親の関係性はかなり深い結びつきがあります。

それが下地にあった上で、食事・運動・睡眠という3つのポイントが大事になってきます。

 

 

成長期が異なるのだから、他人と比べない

 

身長というのは努力したからといって、すぐに成果が出るものではありません。

人によって伸びる時期は異なります。

 

156

 

早い子は中学くらいでピークがくるし、遅ければ高校の終わりまでピークがきません。

僕の高校の同級生で高2の秋までは同じ160cm台だったのに、冬を越えたら一気に伸びて175cmを超えたという子もいました。

ですので、友達のC君が一気に伸びたからといって親まで焦ると、子どもはさらに落ち込みます。

 

親としては「高校が終わるくらいまでは気長に待とう」という心の余裕が必要です。

そしてそれが子どもの安心感に繋がり、心身に良い影響を与え、身長の伸びもプラスになっていくでしょう。

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。