バスケは低身長だと能力があっても難しい?身長と技術を伸ばす方法!

バスケは本当に「身長が高い人が有利」としか言えないスポーツです。

NBAだと180cmでも小さい部類で、190cmで普通、200cmは超えてたら有利という感じです。

 

昔、日本人で初めてNBAに挑戦した田臥勇太は173cmなので、いくら日本人でトップクラスだったとしても、NBAの選手からしたら小学生や中学生と同じ感覚だったのかもしれません。

それくらい身長差がそのまま結果に出やすいスポーツだと思います。

 

NBAを目指すレベルで考えている人はいないと思いますが、日本のバスケ界で活躍しようと思うなら175~180cmくらいは最低限必要でしょうね。

 

 

低身長でも武器があれば生き残れるが・・

 

まぁ、今更強調する必要はないですが、バスケにおいて身長が低いというのは圧倒的に不利です。

バスケでも小さい選手が活きる道というのがありますし、特徴としては、

・スピード
・ハンドリング
・シュート精度
・視野の広さ

などが必要になってきます。

 

133

 

そして、これらを高いレベルまで持ってくることで、背の高い選手と互角に戦うことができます。

しかし、これらの項目はどれも長い期間の訓練が必要で、努力によって手にするものが多いです。

 

一方、背の高い選手はというと、こんな言い方をするのはアレかと思いますが、「ただでかいだけで何とかなる」ことが多いです。

もちろん、生まれ持った才能であるのは否定しませんが、ちょっと納得いかない部分もあります。

 

まぁ、実際、背の高い選手がきたら素人に毛が生えたレベルであっても、そこそこプレッシャーかかりますからね。

それにオフェンス面で言うと、ゴール前からシュートをする機会も多いので、技術がなくても成功率は高くなります。

 

ただ、ここが日本のバスケ界の弱点だと考えています。

 

 

高身長でも技術向上がなければ通用しない?

 

背の高い選手はある程度のスピードとパワーがあれば、テクニックが並でも通用してしまうことがあります。

 

JBAの日本代表選手の平均身長は191.7cm(※2015年度)です。

なので、190cmくらいあれば日本でもトップクラスの身長があるし、180cmでも高校生なら高い部類に入るでしょう。

 

しかし、180cmくらいなら高校では高い部類でも、プロになると低い部類になります。

その結果、プロでPGやSGをやっている選手でも高校の時はCをやっていたという人が多いです。

 

132

 

これはサッカーでもあって、「昔はFWだったけどDFに転向しました」というのがあります。

バスケの場合、この転向方法が本当にクソです。

 

身長が高い子はそれだけで武器なので、自然と小さい時からCやPFになることが多い。

正直それだけで勝てたりしますからね。

 

そして、身長差や体格差で有利で、それが理由で結果が出て、有名になって、名門校や強豪校へ進学する。

ところが成長期が早かっただけで高校入学後は身長が思ったほど伸びず、そこでPGやSGに転向する。

 

でも、今までインサイドばっかりやっていたのに、いきなり高校レベルのドリブル能力やアシスト能力を身につけろというのは、なかなか難しい。

普通コンバートって、野球で言うならショートやキャッチャーなど複雑な動きを要求されるポジションから、外野など比較的動きが単純なポジションへ移ります。

 

しかし、バスケは他のスポーツと違い、「動きが単純なポジションから動きが複雑なポジション」への転向です。

そりゃ、成功率が低くなりますって。

 

131

 

なので、バスケで成功しようと思ったら、「身長を1cmでも伸ばすこと」と同じくらい、「ポジションに関係なく、ガードの技術も身につけること」だと考えています。

 

今回話したことというのは「成長期のその先」の話かもしれませんので、まずは「身長を伸ばし、体格を良くすること」です。

高校くらいになってくると、少なくても175~180cmくらいはないと話になりませんからね。

 

そのためには「背が伸びる成長期に必要な栄養素を摂取する」ことが大切になります。

 

 

部活やバスケをやめたいと思う前にしておきたいこと

 

「人の身長は10代前半にほぼ決まる」というのが、現在の見解です。

10代前半で必要な栄養素を取れているかどうかで、10代中盤の身長の伸びに影響を与え、伸びる可能性を左右するとも言われています。

 

もし今、あなたがお子さんに身長に関しての不安を感じているなら、『成長応援サプリメント』をオススメします。

今しかない成長期にバランスの良い栄養素を摂取するための大きな味方となってくれるでしょう。

 

お子さんが今感じているジレンマや悩み、ぶつかっている壁というのは「体格によるもの」である可能性が高いです。

大げさに言うなら、小学生と高校生が勝負するようなもので、どう考えても歯が立たないということの方が多くて当然です。

 

%e3%81%9b%e3%81%ae%e3%81%b3%e3%83%bc%e3%82%8b05

 

逆に言うと、身長が伸びれば今の悩みや苦しみ、ジレンマや壁というのは意外とあっさり消えてなくなることも多いです。

 

スピードやパワーやテクニックで負けるのは、本人の努力で巻き返すことができる可能性は高いですが、身長に関しては成長期を逃すと本人の努力ではどうしようもありません。

ですので、人生に1度しかない成長期にベストな努力をするために、『成長応援サプリメント』を活用してお子さんの可能性をもっと広げてあげましょう。

 

→ 『オススメ成長応援サプリランキング、BEST3』を見る

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。