よく食べる子でも栄養不足になる?成長期の食事の盲点とその改善策

「うちの子どもは割と食べる方だから~」というのを聞きますが、それは何と比較して、誰と比較して、「食べる方」と決めているのでしょうか?

厚生労働省の発表では1日にどれだけ活動や運動をしたかを表す「生活活動強度」がやや低い子であっても、15歳くらいなら男子2400kcal、女子1950kcalが必要と定めています。

それくらい食べて、「普通」なのです。

 

「生活活動強度がやや低い」というのは、おそらく普通に学校に行って、特別何か部活動をやったりしていない子がベースになっていると思います。

それでも成人男性が1日に必要なカロリーと大差ありません。

 

これが「生活活動強度が適度」の場合だと、男子2750kcal、女子2200kicalになります。

そして、激しいスポーツや部活動をしている「生活活動強度が高い」になると、男子3050kcal、女子2500kcalとなるのです。

 

038

 

もう少し年齢を下げてみましょう。

9~11歳と体格差が目に見えて分かる時期でも、男子1950kcl、女子1750kcalは必要です。

しかもこの数値は「生活活動強度がやや低い」という、普通の生活をしている子を基準にしており、生活強度が低くてもこれくらいのカロリーが必要になってきます。

 

これは成長期というのが要因となっていると思うのですが、よく言われている「割と食べる方」というのは「子どもとしては食べる方ではなく、大人と同じくらい食べる」と考える必要があるのです。

 

 

小食なら食事とサプリの併用がオススメ

 

しかし、それだけの食事量が必要とわかっていても、子ども本人が食が細いとか小食とか好き嫌いが多くて偏食とか、色々な理由であまり量を食べれないというケースもあります。

そういう時はプロテインなどのドリンクタイプのサプリなどを、普段の食事と併用してみてはどうかと僕は提案しています。

 

048

 

これを読んでいる人の中には、プロテインと聞くとボディビルダーが飲むような

ものをイメージするかもしれませんが、小中学生用のプロテインは子どもの成長に必要な様々な栄養分が含まれています。

小学校でやっていたスポーツを中学でもやりたいと思う子どもに対して「もっと食べて体を大きくしないと」と言ったとしても、少食だと食べれる量はたかが知れていますし、無理して食べるのにも限界があります。

 

・・と僕が熱弁しても、やっぱりサプリには抵抗があるって人もいます。

世の中には子どもの成長に関して「サプリなんて必要ないよ」という考え方の人の方がまだまだ多いでしょう。

 

しかし、サプリとは何のためにあるものなのかをもう一度考えてみてください。

 

 

成長期は人生に2回しかない!

 

サプリとは「不足しがちな栄養素を効果的に取得するためのもの」です。

身長を伸ばす上で必要な栄養素を、普段の食事で満たせないのなら必要に応じて摂るのは、目的のためには当然の行動だと僕は考えています。

 

背が大きく伸びる成長期は人生に2回しかありません。

しかも、この記事を読んでいるということは、もう既に1度目の成長期は終わっている場合の方が多いと思います。

(※参考記事:身長が止まる年齢は4歳でわかる!子どもの成長曲線を伸ばすには?)

 

ということは、次の成長期がラストチャンスです。

そこで身長が決定します。

そして、その身長で一生を過ごすのです。

 

067

 

だったら、やれる時にやれることを全力でやるしかないでしょう。

やれることを全部やって結果が出なければ、諦めもつきます。

「仕方なかったよね」と子ども本人も受け入れてくれるでしょう。

 

しかし、成長期に子ども本人が直接コントロールできない「食事・栄養」が原因で、身長の伸びが悪かったりしたら、やっぱり心のどこかで引っかかるものが残ると思うのです。

そうならないためにも、親子ともに納得のいくものにするためにも、この成長期を全力でサポートするためにサプリを使うことの、どこが悪になるのでしょうか?

 

 

無知は貧乏と病気を呼ぶ

 

昔知った言葉にこういうものがあります。

 

「父親の無知は貧乏を呼び、母親の無知は病気を呼ぶ」

 

外で働いてお金を稼ぐ父親は「お金の知識」が必要で、家で家族を支える母親はその根幹である「食の知識」が必要という言葉です。

 

食は全ての基本となります。

食べたものが体を作り、心も作ります。

そのためにも昔の常識ではなく、今の常識で「子どもの食と成長」について、今一度考えてみてほしいと思います。

 

039

 

以下の記事ではサッカーのジュニアユースが推奨する食事を例に出して、そのメリットとデメリットを話しています。

ジュニアユースの推奨メニューのところは、ぜひ読んでおいてもらいたい部分です。

 

→ 身長を伸ばす食べ物はお金がかかる?成長期はサプリで家計応援!

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。