好き嫌いが多い子も安心!成長期の食事で栄養より必要なものとは?

栄養バランスの良い食事よりも大事にすることとは?

子どもの成長に大切なものは何かという話をしてきましたが、子ども本人の意思でどうにもできないものがあります。

 

それが「食事と栄養」であり、一番大事なものだと個人的には考えています。

ただ、子どもは本人の意思で食事に関わる努力をすることは、なかなか難しいです。

 

子どもが自分で料理をすることはあっても、それはあくまでも冷蔵庫にある材料の範疇でしかない。

自分でお金を出して買いに行くというのは、小中学生ではちょっと考えにくいです。

ですので、子どもの栄養状態に気を配るのは親の務めと言ってもいいでしょう。

 

 

成長期の栄養バランスは質も量も重視する

 

しかし、このブログでも何度も「栄養バランスを考えよう」という話をしましたが、1つだけ注意点があります。

 

「栄養バランス」を重視して優先するあまり、子どもの嫌がるものを無理に食べさせるということが起こります。

でも、それだと逆効果になり、食べない子になってしまう可能性が高まります。

 

例えば、好物のハンバーグは食べるけど、冷奴(豆腐)は食べないという子がいたとしましょう。

だからといって、「食べるまで部屋に帰ってはいけません!」と無理強いすると、もっと食べるのを嫌がって食欲不振になり、小食になったり、食事は食べないけどお菓子は食べるという子になってしまいます。

 

もちろん、親御さんとしては「子どもの成長や健康を考えて」と思ってのことでしょう。

それ自体は悪いことではないですが、アプローチを変えてみた方がいいかもしれません。

子どもが食卓に足を運ぶことがストレスに感じるようになれば、当然ながら食べる量は減ってしまいます。

 

063

 

栄養バランスはもちろん大切です。

それに「できることなら体に良いものを食べさせてあげたい」「子どものことを思ってやってるんだ!」という親御さんの気持ちもよくわかります。

でも、一番大事なのは「子どもが必要な量を食べてくれる」ことです。

 

食べないようになったら本末転倒になります。

だから、さっきにハンバーグの例なら豆腐ハンバーグにしてみるとか、そういう工夫も必要でしょう。

 

 

まずは「量を食べる」ことを優先する

 

あと、栄養バランスを考える時は「ピーマンを食べなさい」とか「魚を残さない」とか細かいことに気をつけるのではなく、タンパク質・炭水化物・脂質・食物繊維などの栄養素レベルで考えるようにしてください。

その上で、「量をたくさん食べる」「必要な食事量を満たす」ことを最優先事項にするのです。

 

「えっ?そんなんじゃ、好きなものばかり食べて栄養バランスが崩れるのでは?」と思うかもしれません。

おっしゃるとおり、そのままだと栄養バランスは偏ってしまいます。

その代わり、他の方法で不足している栄養素を摂るようにするのはどうでしょうか。

 

048

 

これは家庭のルールとして作るといいかもしれません。

「ゲームをしてもいいけど、宿題は終わらせてから」というルールを作っている家庭も多いかもしれませんが、イメージとしてはそれに近いです。

 

この場合、大事なのは宿題を終わらせることです。

そのためにゲームをご褒美として使っていますし、それでモチベーションが出て宿題が終わったなら、目的は果たせていますよね?

目的は宿題をすることなのですから。

 

これと一緒で極端なことを言うなら、好きなものを食べたいなら好きなだけ食べさせてもいいと思います。

その代わり「アスミールを飲む」という約束をする。

そして、「もし約束を守れないなら好き嫌いせずちゃんと食べる」とも決めておく。

 

そういう方法もありだと思います。

 

 

栄養の「質」は別の方法で補う

 

なぜそんな方法を提案しているのかというと、子どもの成長において大事なのは「成長期に必要なエネルギーやカロリーを摂る」「栄養バランスを偏らせない」ことだからですから。

 

そのためにはまずちゃんと食べてもらわないといけません。

いくら栄養バランスの取れた食事であっても、平均よりも少ない食事量ならそれは活かせません。

 

だから、まずは「きちんと量を食べるためにどうするか」を考えてください。

その上で「アスミール」を使って、足りない栄養素を補給します。

 

028

 

もちろん、親御さんも色々な工夫をして、様々な食材を食べるようなメニューを作ったり、試行錯誤をする必要があります。

でも、いくら頑張っても子どもが言うことを聞いてくれないってことあると思うんです。

「せっかく作ったのにちゃんと食べてくれない」ってことにイライラして、子どもに当たってしまうなんてこともあるかもしれません。

 

だからといって、親御さんが悪いわけじゃない。

今も精一杯頑張っているじゃないですか。

 

でも、世の中って精一杯頑張ってもうまくいかないことってあるし、必要以上に自分を責めても仕方ないですよ。

それよりも「どうやったらうまくいくか?」を考えましょう。

 

 

不足する栄養素はアスミールで補給しよう!

 

まぁ、何度も名前を出していますが、僕としてはその「うまくいく方法」として「アスミール」を提案します。

なぜならアスミールは、たった1杯で1日に必要な栄養素の不足分を補えるからです。

 

アスミール02

 

何度も言いますが、子どもの成長において大事なのは「成長期に必要なエネルギーやカロリーを摂る」「栄養バランスを偏らせない」ことです。

 

しかし、両立することはなかなか難しいです。

それに仮にこれだけ用意しても、子どもが食べきれる量ではない。

 

アスミール01

 

でもアスミールなら、これらの栄養素はたった1杯で摂ることができます。

なので、家での食事は「成長期に必要なエネルギーやカロリーを摂る」ことを第一にし、「栄養バランスを偏らせない」のはアスミールに任せるというのはどうでしょう?

 

そうすることで、お母さんの毎日の悩みや問題もかなり緩和すると思いますよ。

 

→ 『アスミール』の公式サイトはこちら

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。