子どもへの遺伝の影響は3割?身長の伸びが落ちる原因と解決策

「子どもの身長は親の身長でだいたいわかる」と思っていませんか?

実際、親の身長が低いならその子どもの身長も平均より低くなる可能性が高くなります。

なぜなら、遺伝の影響は必ず受けますから。

しかし、最近の研究では「遺伝の影響は25~30%くらいで、それ以外の様々な条件によって、最終的にその子の身長が決まる」と考えられています。

 

ここで「遺伝の影響が3割もあるのか・・」と考える人と「7割は伸びる可能性があるのか」と考える人とでは、確実に身長の伸びが変わってきます。

ですので、子どもの背を伸ばすために一番大事なのは「親の考え方を変える」ことです。

 

 

「今は低くても後から伸びるだろう」は危険?

 

ちなみに希望的観測で「今は小さいけどそのうち伸びるはず」という親がいますが、それは残念な結果に終わります。

僕の母親がそうでしたが、僕の身長は平均身長よりももはるかに小さいです。

キャインーンの天野君くらいです(苦笑)

 

こんな風に「そのうち伸びるだろう」と思って放置していると、ただ単に「運に任せている」だけです。

子どもの伸び方は個人差がありますが、それでも「あの子は伸びているのになぜ我が子は小さいままなんだろう?」とか「他の子に比べても背が低い」と悩む親御さんも多いでしょう。

 

067

 

そういう場合には、「背の伸びが悪いならどのタイミングで何をすればいいのか」という具体的な方策を立てる必要があります。

 

 

身長の伸びを鈍らせる3つの要因とは?

 

身長の伸びが落ちる要因はいくつかありますが、代表的な3つを今回紹介します。

それが・・、

1:小食
2:ストレス
3:思春期

です。

 

「小食」であればその分だけ、成長期に必要な栄養やカロリーやエネルギーの補給ができなくなります。

小食だと普通の子に比べて、1年に1cmくらい背の伸びが悪くなります。

 

毎年1cmくらい差ができると考えたら、10年で10cm違ってきます。

これってかなり大きな差になってきますよね?

 

039

 

ストレスで一番大きな影響を受けるのが「睡眠」です。

睡眠不足は背の伸びに影響を与えます。

 

極端な例で言うと、虐待された子というのは「いつどんな理由でいきなり怒られるかわからない」という思いがあり、常にビクビクしながらも神経を尖らせて生活するようになるそうです。

すると、とてもじゃないですが熟睡なんてできないし、心身ともに休まらないので、常に不眠状態になり、結果的に平均よりも小さい子になりやすいみたいです。

 

ですので、きちんと眠れているか、過度なストレスを感じていないか、それを定期的に確認してあげるといいですよ。

 

 

「思春期」は早く始まれば始まるほど、背の伸び方はマイナス傾向になりやすいです。

思春期が1年始まると最終的な身長は、予定よりも5cm減るとも言われています。

 

たまに中学生の後半になっても声変わりしていないと、周りの同級生にからかわれることがあるかもしれませんが、それは思春期がまだ終わっていないということなので、最終的な身長が伸びる可能性が高いです。

子どもにとっては嫌なことかもしれませんが、親御さんとしては喜ばしいことだと思います。

 

068

 

・・ということは、逆のことを考えてみると背が低くなってしまう子の共通点も見えてきますよね。

 

例えば小食で思春期が早いという子は、それだけで平均よりも身長が低くなる可能性が高くなるということです。

こういう観点からも見ても「今は小さくても後から伸びてくる」というのは迷信というか、楽観的な観測でしかないということがわかると思います。

 

 

背を伸ばすには遺伝以外の7割が肝心!

 

もちろん遺伝の影響もあるので、親御さんの身長が高い方が子どもも高身長になりやすい傾向はあります。

しかし、繰り返しになりますが、冒頭でも言ったように「遺伝の影響は25~30%程度」です。

 

GPC02

 

ということは、「残り70~75%は別の要因」が関わっています。

 

それが今回話した「思春期の時期」「睡眠」ですし、それ以外にも「運動」「食事(栄養)」です。

そして、特に大事なのは「食事(栄養)」だと個人的には考えています。

 

僕ら人間は口から入ったものを吸収して、それが体を作る材料します。

ハンバーガーばかり食べていたらアメリカ人みたいになるじゃないですか(笑)

 

アメリカ人

 

ハンバーガー以外のジャンクフードも同じです。

カップラーメンやお菓子は糖分や脂質ばかりなので、カロリーは取れても栄養素はほとんど取れません。

その結果、体重は増えても身長は伸びにくくなります。

 

そのため毎日食べているものが体を作るなら、やはり食事と栄養は最重要すべき項目であると僕は考えるのです。

 

 

「思春期拒食症」って知っていますか?

 

ただ、ここで1つ知っておいてほしいことがあります。

それが「思春期拒食症」です。

正式には「思春期やせ症」「小児期発症神経性食欲不振」と呼ばれています。

 

一般的には中高生の女子に多く見られ、大人になることへの拒絶感や極端なダイエットのため食事をしなくなるなどの症状があります。

これを読んでいるお母さんも思春期の時に経験したことがあるかもしれません。

 

ところがこの思春期拒食症、近年では小学生の女子、そしてなんと男子も発症例も増加傾向にあるそうです。

こうなってしまうと、いくらお母さんが栄養満点の食事を作っても、子ども本人が拒否してしまうと、どうしようもありません。

 

例えばお子さんが野球をやっていて「中学になったら硬式をやるんでしょ?だったら、もっと食べなくちゃ!」と言っても、本人が食べれないし、食べても小食なら取れる栄養ならたかが知れています。

そうすると、お母さんもこんなことを考えてしまうんじゃないでしょうか?

 

GPC04

 

そんなお母さんにこそ、知ってほしいものがあります。

それが『成長応援サプリ』です。

 

 

サプリメントが必要な理由

 

サプリメントなら小食な子でも、思春期で食が細くなった子でも、問題なく必要な栄養素を補えます。

またクラブや部活などでクタクタに疲れ切って、食欲が全然わかないという時にも有効です。

もちろん、成長期のお子さんの身長を伸ばすサポートもしてくれます。

 

こんな風に、成長期のお母さんが抱える色々な悩みを解決してくれるでしょう。

 

→ 『オススメ成長応援サプリランキング、BEST3』を見る

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。