好き嫌いが多いと背が低い?高身長男子&女子になる食事法とは?

子どもって肉料理は好きですけど、逆に野菜は嫌いな子が多い印象があります。

しかし、野菜を食べないと身長の伸びに影響が出ます。

体の成長にはビタミンやミネラルなどの栄養素が不可欠なので、それらが十分でなければ細胞や組織の組成や合成ができず、身長が伸びにくくなります。

 

ただ、野菜は外食やテイクアウト商品だとほとんど取れないので不足しやすいです。

昼はお弁当になるのでコントロールできません。ですので、朝か夜の食事で何とか1日に必要な野菜を食べたいところです。

 

 

子どもは野菜が嫌いで食べない?

 

ですが、朝から野菜を食べたがらない子も多いです。

ご飯食なら切り干し大根やきんぴらごぼうなど、ちょっとした一品を追加してみる。

パン食ならサラダをつけたりサンドイッチにしてみる、他にも野菜スープにするなどしてみてはいかがでしょうか。

 

共働きで朝はなかなか用意している時間がないので、夜をメインにしているという家庭もあるでしょう。

しかし、「晩御飯で野菜料理を用意しても肉料理だけ食べて、全く手をつけない」と悩んでいる親御さんもいるかもしれません。

 

022

 

そういう時はちょっと手間ですが、肉と野菜を一緒に調理し、尚且つ野菜感があまりない料理にするといいと思います。

カレーやハンバーグや餃子などは、子どもも喜んで食べる可能性が高いですし。

 

どうしても毎食そんな手間をかけてられないので、サラダを出すという家庭もあります。

そこでドレッシングを使うと思いますが、ドレッシングは糖分や油分も多いのであまりよくないと考えている人が多いです。

 

しかし、それで野菜が食べられるのであれば、ある程度は多めに見てあげていいと思います。

それに緑黄色野菜は油と一緒に食べた方がビタミンの吸収が良くなるといわれているので、適量であればOKです。

 

 

野菜嫌いの子どもに無理強いさせると逆効果

 

色々と見ていると子どもさんのことを考える余り、「目的と手段が逆になっている」という人が多いような気がします。

でも、それだけ子どもの将来を考えているということなので、愛情深い親だと思います。

 

だから、あなたの努力や姿勢を非難するつもりはありません。

むしろ、本当に毎日頑張っているんだなって思うことの方が多いくらいです。

ただ、ちょっと目的と手段が逆になったことに気づいていなかった、それだけです。

 

013

 

例えば、カルシウムは背を伸ばすために必要な栄養素ですが、「1日の摂取上限が決められている」のはあまり知られていません。

「○○だけダイエット」「○○抜きダイエット」が体にダメージを与えるように、「○○だけ摂っていればいい」というのも悪影響を与えます。

 

「子どもの成長をサポートするために」と思って取り入れていたのに、いつからか「これを飲まないとダメだ!」となってしまう。

それだと子どもにとっても負担になります。

 

それって親にも子にもストレスや不安になると思うんですよ。

親御さんとしては子どものためを思って、熱心に頑張っているのに、それが子どもの負担になって、親子関係がギクシャクする。

 

こういうことにならないためにも、栄養バランスを考えて野菜を食べさせようとするのは大事ですが、あまり強制的にするくらいなら、サプリメントなどで補うという方法も考えてみてはいかがでしょうか?

ただ、あくまでも牛乳にしてもサプリにしてもプロテインにしても、「食事では取れない栄養素を食事以外で摂るためのもの」です。

そこは忘れないでください。

 

 

高校野球名門校の話でわかった身長の大切さ

 

この前、たまたま見たYoutubeの動画でこんなことを知りました。

 

高校野球の名門、東京の帝京高校をご存知でしょうか?

卒業生は、とんねるずの石橋貴明、横浜DeNAベイスターズの山崎康晃、阪神タイガースの原口文仁、日本ハムファイターズの杉谷拳士などが有名です。

 

帝京高校はフィジカル重視でも有名で、背が高ければ横にも大きくなる(体格がよくなる・筋肉がつく)と考えており、その方針に合った選手を集めています。

そして、チームの平均身長も低くても172~3cm、大きければ180cmに近くなることもあるそうです。

 

つまり、身長も1つの才能と見なしており、大きければ大きいほど良いと考えているのではないかと思うのです。

 

067

 

また、帝京高校ではフィジカルを鍛えまくるので、「高校で結果が出なくても、その先の進路(大学や社会人)で花開く下地を作っているのではないか」と卒業生の人が話していました。

 

ここでもわかるように、背が高い方が人生うまくいく可能性が高いです。

 

そうなると子どもの成長を栄養面から考えた時、野菜嫌いというのは不利になる可能性が高くなるでしょう。

僕も今は普通に野菜を食べますけど、子どもの頃は野菜嫌いでまともに野菜を食べた記憶がありません(苦笑)

 

それが原因かどうかわかりませんが、結果的に身長は163cmで止まり、一般成人男性と比較しても小柄となってしまいました。

あなたのお子さんが僕みたいにならないためにも、野菜もきちんと食べるようになった方がいいと思います。

 

そうは言っても、好き嫌いが多くて偏食だとか、アレルギーで食べれないなど、色々なお母さんの悩みがあるかもしれません。

ですが、スポーツをやっていると特に体格差や身長差というのは大きな壁となって現れてきます。

 

 

野菜嫌いを克服せずに、野菜を食べる方法とは?

 

・・ということで、子どもの野菜嫌いにお困りのお母さんにオススメするのが『フィジカルB』です。

 

1日1回、コップ1杯で緑黄色野菜よりも豊富な食物繊維や植物性タンパク質が取れるスピルリナを主成分としているので、どんなお子さんでも簡単に必要な栄養分を摂ることができます。

しかも消化吸収率が95%なので、ほとんどロスや無駄がなく、体に吸収されます。

 

そして、成長期に必要な栄養素を取り入れるという方法だけが、「遺伝」の影響を超えて身長を伸ばせる唯一の対策なのです。

 

遺伝を超える栄養の力

 

今なら「30日間の全額保証」「定期購入ならずっと半額」なので、お子さんの成長期が近づいているなら、『フィジカルB』で強力なサポートをしてあげてほしいと思います。

 

もしあなたのお子さんが小学生だとしたら、10年後の活躍を決めるのは「今」かもしれません。

 

体格のいい子は可能性も広がります。

それはどれだけキレイゴトを言ったとしても、ひっくり返せない事実です。

そして、そのチャンスは成長期という僅かな時期で決まります。

 

ぜひこれを読んでいるお父さんやお母さんには、子どもの可能性を最大限に引き上げる選択をしてもらえたらなと思います。

 

『フィジカルB』の公式サイトはこちら

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。