背が低い原因は小食と不眠?子どもの将来を考えた栄養補給の方法!

最近の子どもは小食の子が多いみたいですね。

まだ体が小さいと臓器も大きくないので量が食べれないのは仕方ないですが、スポーツをしているとそれだけエネルギーやカロリーを使うはずなのに食べれないというのは心配です。

 

運動量が多いのに食べる量が少ないと栄養不足になり、生命維持や消耗した体の回復に食べたものの大半を使い、成長に栄養やエネルギーが行かなくなります。

部活などで毎日練習しているのにあまり食べないという時は要注意で、背が伸び悩んだり、筋肉がつかなかったり、骨折や貧血の原因になったりもします。

 

 

あの羽生結弦も小食だった!

 

フィギュアスケートの羽生結弦選手もかなり小食だったそうです。

しかも、最近まで(笑)

 

ほとんど食べないため、演技後は立ち上がれないほど消耗しきっていて、試合が終わる度に風邪を引いたりするなど、体調管理が難しい選手でした。

羽生結弦の今の身長は171cmなので男性の平均身長くらいはありますが、スポーツ選手としては小さい部類に入ります。

なので、やはり小食だと体格的に不利になりやすい気はしますね。

 

羽生結弦 (画像引用:キヤノン・ワールドフィギュアスケートウェブ)

 

では、どうやって彼は小食を改善させることができたのでしょうか?

彼の食事にはちょっと変わったところがあって、「もう食べられない」と言ってからしばらくすると、「また食べる」と言い出すというのです。

なんか子どもみたいですね(笑)

 

しかしそこには理由があり、「胃腸が動き出すのが人より遅い」という特徴がありました。

 

そこで食前にグルタミン酸を多く含むものを食べることで、先に胃腸を動かしておいてメインを食べるようにすると、しっかりと食べるようになったそうです。

そういえば『ロンドンハーツ』でデブ芸人が、「食事前にアイスとか冷たいものを食べたり飲んだりして、先に喉を広げておくとガッツリ食べれる」と言っていましたが、たぶんそれと同じでしょう。

 

グルタミン酸が入っているものは、だし汁、鰹節、高野豆腐、しらす干し、チーズ、トマト、昆布などがあります。

前菜としてこれらが入っているものを先に食べさせておくと、小食が改善するかもしれません。

 

 

こういう生活をしていると小食になりやすい

 

ちなみに小食になる原因もいくつかわかっています。

 

・甘いジュースをよく飲む
・お菓子が常に家にあり、自由に食べられる
・部活や塾帰りに買い食いをしている
・食事中にテレビやスマホやゲームを見て、集中していない
・疲れすぎて食欲が出ない
・睡眠不足で食欲より睡眠欲が勝ってしまう

 

甘いジュースやお菓子はある程度制限した方がいいですね。

全く食べてはいけないとするのは酷ですが、時間や量を決めた方がいいでしょう。

 

大人でも際限なく食べてしまうことがあるのですから、子どもが自分でコントロールするというのは難しいです。

僕なんかも気にせず食べていたら、ファミリーパックを1人で全部食べてしまっていたこともありますし・・。

 

059

 

コントロールする方法としては、「おやつも食事の回数に数える」と考えるといいかもしれませんね。

1回の量を少なくする代わりに6回に分けて食べるなんて考え方もありますが、それを採用しておやつも1食とカウントする。

そうすればエネルギーや栄養不足を補うものという風に考えるし、ポテトチップスよりはコーンフレークにしようと思うだろうし。

 

 

疲れていても食欲がなくなる

 

あと、疲れすぎていたり睡眠不足の場合は、まず寝るのを優先した方がいいでしょう。

 

食べることで栄養を取れますが、消化する時に莫大なエネルギーを使います。

「病気の時はしっかり食べないといけない」といわれていますが、過剰に食べると消化にエネルギーを使うことになって、回復にエネルギーを回せなくなります。

それにしっかりと休んだら自然と体が食べ物を欲するようになります。

 

061

 

成長期で子どもが小食だと、親としては心配になります。

しかし、努力と根性で食べる量を増やせるというものではありません。

 

そりゃ、もちろん少しずつ量を増やしていくことで、食べる量を増やすということはできます。

でも、2~3日でご飯をお茶碗1杯しか食べない子が、どんぶり飯2杯食べるようにはなりません。

 

そのために「補食」という考え方を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

なぜ「補食」は必要なのか?

 

世の中のお母さんは毎日、子どもの成長に役立つようにと献立を考え、本当に毎日頑張っていると思います。

1年365日、休みなく考えるというのは思っている以上に大変です。

 

例えば、素麺を作るにしても茹でて終わりじゃないですよね?

ちょっとアレンジを加えようと思ったら、やっぱりひと手間かけないといけません。

 

単に素麺を作るだけでもあれこれと考えないといけないのに、毎日栄養バランスを考えた食事で、尚且つ毎日同じようなものにならないように違うものを作るということが、どれだけ大変なことがわかっていない人が多いなと僕は感じています。

 

062

 

だから、もしあなたが「小食なのは料理が下手だから」とか「いつも同じようなものだから」と思うのはやめてください。

あなたは十分に頑張っていますから。

 

もし旦那さんがこのページを見ているなら、奥さんはめちゃくちゃ頑張っているんだというのを知ってください。

 

 

補食が子どもの成長率を上げ、体格を良くする

 

そして、日々の献立を考える労力を減らし、小食な子でも十分な栄養を摂るために、「補食」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

子どもとしても食べれないのに無理やり食べるというのはストレスですし、それが毎日続くのなら「食事がストレス」となり、より食べることに抵抗を覚えるようになります。

 

063

 

親にしても子どもにしても食事に力を入れる目的は何ですか?

「子どもの成長率を上げて、体格をよくするため」のはずです。

そして、僕ら人間は食べ物からでしか栄養が取れないから、食事を重視しているだけの話です。

 

でも、本当に朝昼晩の食事からしか栄養って取れないのでしょうか?

僕は違うと思います。

 

 

ジュニアプロテインなどは人口甘味料にご注意!

 

それはなぜかというと、筋トレした後にプロテインを飲んだり、ダイエットをする時に置き換えドリンクを飲んだことってある人いますよね?

プロテインは筋肉の回復と増加をサポートする栄養素の補給、置き換えドリンクは摂取カロリーを減らしつつ不足しがちな栄養素を補給する、そんな役割があります。

これを普段の食事でも行うのが、「補食」のイメージです。

 

048

 

「補食」としてパッと思いつくのが、ミロやジュニアプロテインなどの栄養補助ドリンクです。

成長期に不足しがちな鉄分やカルシウム、そしてカルシウムの吸収効率を上げるミネラルやビタミンを補給するのに、こういった栄養補助ドリンクを使うのアリだと思います。

 

だって、赤ちゃんが飲んでいる粉ミルクも一種の栄養補助ドリンクですよ。

そういう意味で何でもかんでも悪いと言うのは、自分が無知であるのを言い回っているのと同じですよ。

 

だた、市販のこういった栄養補助ドリンクを使う上で注意点があります。

その1つが、「人口甘味料を使っている」ということです。

もちろん、全部の商品にそれが入っているわけではありませんが、「アスパルテーム」「スクラロース」などが入っているのは避けた方がいいですね。

 

 

 

家事に育児に疲れているからこそ使ってもらいたい

 

 

では、どういった栄養補助ドリンクがいいのでしょうか?

個人的にオススメなのが『フィジカルB』です。

 

50種類以上の栄養成分が入っていて、緑黄色野菜よりも栄養バランスの優れたスピルリナをメインとして、カルシウムやコラーゲンなども豊富に入っています。

そして、一日一杯飲むだけで必要な栄養をカバーしているし、水と混ぜて飲むだけなので、

・他の事に追われて、じっくりと料理する時間がない
・子どもが偏食で、好き嫌いが多い
・アレルギーが多くて、食べられるものが限られている

なんてお子さんにも、手軽に簡単に栄養補給することができます。

 

052

 

世の中のお母さんは毎日頑張っていると思います。

でも、お子さんが1人ならいいですけど、小さい弟や妹がいると毎日子どもに振り回されて、夕方にはヘトヘトに疲れ果ててしまいます。

そんな状態だとろくな夕飯も作れないと悩むお母さんもいて、「子どもの栄養を考えたらちゃんと作りたい」という気持ちはあるけど、体力も気力も残っていない。

そんな時に栄養補助ドリンクを活用することは、僕は悪いことだとは思っていません。

 

むしろ、そういう状況だからこそ栄養補助ドリンクを有効的に使ってほしいですね。

人生にたった2回しかない成長期を無駄にしないためにも、栄養補助ドリンクを使うことで、より効果的に背を伸ばすことができると思います。

 

『フィジカルB』の公式サイトはこちら

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。