子どもの成長期を知り、中学生&高校生が身長を伸ばす方法とは?

子どもの身長は親の遺伝の影響が大きいと言われています。

確かに両親の身長と子どもの最終身長には関係があります。

ただ、それが決定事項ではありません。

 

もちろん、両親の背が小さいと子どもが平均よりも身長が高くなる可能性は少なくなります。

でも、これだけは覚えておいてください。

「遺伝で100%決まらない」と。

 

 

大谷翔平も行った、成長期を見極める方法

 

でも、「伸びるピーク期間」はあります。

いつまで背が伸びるのか、これは思春期が早いか遅いか、いつから背が伸び始めたのかで変わってきます。

 

成長が早ければ小学6年生で180cmになるも、その後はあまり伸びないという子がいます。

逆に高校に入った当初は160cmしかないのに、高校3年間で180cmを超えるなんて子もいます。

 

その目安としては、成長期のピークには1年間で平均7~9cm伸び、伸び率が高い子なら数年で20~25cm伸びるなんて子もいます。

しかし、1年間で1cmくらいしか伸びなくなったら、成長のピークは終わったと見てもいいでしょう。

 

他にも成長のピークを知る方法はあります。

日本ハムファイターズで二刀流を行い、プロ野球界に革新をもたらしている大谷翔平選手。

この大谷翔平の母校である花巻東で行っている育成法がその1つです。

 

大谷翔平(画像引用:日本ハムファイターズオフィシャルサイト)

 

成長段階にいる子どもを伸ばすためには「成長期のピークを知る必要がある」と花巻東の佐々木監督は言っています。

高校時代がピークの子もいれば、その先の段階でピークを迎える子もいて、そこをきちんと見極めるのが指導者の仕事だというのです。

 

その成長ピークを見極める方法とが、「骨端線が開いているかどうか」です。

 

花巻東では入学してきた新1年生を全員病院で検査して、肘のレントゲンを取ります。

そして骨端線が開いていれば体は成長中でまだ体が大きくなる可能性があり、閉じている子は骨の成長が終わっているのであまり体が大きくならない可能性が高いとなります。

 

この骨端線が閉じるまでには個人差があり、人によっては22歳前後まで体の成長が続くことがあります。

 

 

身長は成長期に2度伸びる!

 

「背が伸びる時期」と「背が伸びるピーク」があり、それは個人差があるということを覚えておいてください。

その上で、平均的に一番伸びる確率が高い時期があり、女子なら11歳、男子なら13歳くらいが一般的な年齢となっています。

 

そして、ここが覚えておいてもらいたいポイントなのですが、「一度少し伸びた後、ちょっと落ち着き、そこからいっきに伸びる」という成長曲線を描きます。

だから、止まったからといって落ち込む必要はありません。

冒頭にも書いたように「成長ピーク期間内」であれば、また伸びる可能性は十分にあります。

 

成長曲線

 

では、どうやって我が子の成長曲線が今どの地点にいるかを判断したらいいのでしょうか?

それはめちゃくちゃシンプルで、「毎月身長を測っておく」ということです。

成長曲線の上昇に入る前までは毎月身長を測っていても、ほとんど変化は見られません。

しかし、成長曲線に入ると1ヶ月で1~1.5cmくらい伸び、それが数ヶ月続くようなら確実に成長曲線の上昇に入っていると言えるでしょう。

 

この「伸びるピーク期間」に入ったとわかったら、以下の2つを今以上に重視したいです。

背が伸びる可能性を確率を下げないようにするには、「睡眠」と「栄養」が必要です。

 

 

低身長の原因は睡眠にある?

 

最初は「睡眠」の話です。

寝ている間に多量の「成長ホルモン」が分泌され、これが成長期に背を伸ばします。

 

まず、十分な睡眠時間を確保するのは、成長を促進するためにはとても重要です。

毎日3時間しか寝ない子と毎日8時間寝る子では、後者の方が成長する確率が高くなります。

 

例えば、女子の胸のバストサイズも成長期の睡眠時間は深い関係にあります。

総務省統計局のデータによると、埼玉県が最も平均バストサイズが小さいということが明らかになり、その理由が「埼玉県の女子高生の睡眠時間が全国で最も短いから」です。

 

なぜ埼玉県の女子高生の睡眠時間が短いのかというと、塾や予備校へ通ったり、通学時間が長いため、基本的に寝ていないそうです。

こんな風に睡眠時間は成長と大きな関係があります。

 

057

 

なので、小学生なら夜21時には寝る準備に入り、夜23時には熟睡に入っているのが理想です。

成長のための睡眠時間は、小学生なら9時間は絶対に必要です。

 

中高生になると部活が終わって帰ってきたらもうそんな時間になっていることもあるし、勉強もしないといけないので難しいかもしれませんが、できるだけ早く寝て十分な睡眠時間を確保したいものです。

中高生でも8時間は寝ておきたいですね。

 

 

体格がいい子は食べっぷりもいい!

 

次に「食事(栄養)」の話です。

成長期にスポーツをしていて練習もハードだったら、普通の食事だとそこで得た栄養素はダメージ回復にだけ使われて、体の成長にはなかなか回りません。

 

高校野球の強豪校だと、1日に5000kcal以上は必要と言われています。

それくらいの食事量が必要なのは、成長期であると同時に、猛練習で筋肉が減るのを防ぎ、また骨や筋肉の回復と肥大のためにも必要だからです。

 

ここでもわかるように「体を大きくしたいなら考えて食べろ」ということです。

 

038

 

小中学生だとまだ考えて食べるというレベルではないので、そこは親がきちんと考えて用意してあげるといいでしょう。

もちろん小中学生だと高校球児みたいに1日5000kcalとか、そこまでの量は必要はないですが、一応の目安はあります。

 

肥満レベルでも脂肪細胞が膨らみ、悪玉ホルモンが出てしまい、成長ホルモンの分泌を阻害するので背が伸びにくくなります。

痩せすぎになっているのは問題です。栄養が足りていないと取った栄養素は全て生命維持に使われるので、背が伸び悩む可能性が高いです。

 

あと、運動量が多くて食べても痩せてしまうというのなら、普段の食事にプラスアルファの工夫をして、しっかりと必要な栄養素を取り入れるようにしましょう。

 

 

成長期で最も大事なのは食事と栄養補給

 

これは余談ですが、今回話した内容は勉強に例えるとわかりやすいかもしれません。

学校の勉強って、どれだけ勉強したかで成績って変わってきますよね?

そりゃ、たまに最小限の勉強で高得点とるような子もいますが、一般的には覚えた数や取り組んだ問題の数だけ、成績が上がる可能性は大きくなります。

 

これは体の成長や体作りも同じです。

必要十分な栄養を取っていれば、背が伸びる可能性も高くなります。

言い換えると、「たくさん食べてたくさん栄養補給できるなら、それだけ成長を促進させる可能性が上がる」のです。

 

050

 

しかし、お子さんが食が細かったり、小食であまり食べれないという場合もあるでしょう。

阪神タイガースのレジェンドであり監督もしている金本知憲も引退する時に「やっとあんな食事をしなくてもいい」と言っていましたが、プロ野球選手でも自分の限界以上に食べるのは辛いことなのです。

いくら体を大きくするためとはいえ、それを小学生がやるというのは本当に苦痛だろうし、毎日の食事にストレスを感じ、より食べるのを拒否してしまう可能性も十分にあるでしょう。

 

 

後天的に身長を伸ばす心強い味方

 

では、食が細かったり、小食が食べれないという子も、ガツガツと食べっぷりがいい子と同じような食事や栄養を取るにはどうしたらいいのでしょうか?

個人的には成長応援サプリメントを使うことをオススメします。

 

「身長は先天的な遺伝で決まる」と言われていますが、最近の研究では「後天的な影響でも変わってくる」というのがわかっています。

その後天的な要素は、既にお話した「食事と栄養」です。

 

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%ab06

 

成長期にきちんとした対策をすることで、2年後3年後のスポーツの結果が大きく変わってきます。

そのためには「伸び盛りに適切な食事」が必要となり、成長応援サプリメントはその助けになってくれる心強いパートナーです。

 

→ 身長が低いのは遺伝と限らない!成長ボーナスを満額受け取るには?

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。