子どもの身長が低いのは遺伝だと諦めないで!

「背の高さは親からの遺伝だ」と言われていますが、実は先天的な影響は25~30%程度と言われています。

 

あとは後天的な『食事』『睡眠』『運動』で変わってきますので、成長期の「成長ボーナス」を満額受け取るためにもこの3つはより意識しておきましょう。

特に『食事』は1日3回摂るものなので、一番重要になってきます。回数が多いということはそれだけ影響を受ける度合いが大きいのですから。

 

では、どういった食事を心がければいいのか。

このページでは「遺伝とは関係なく身長が伸びるなら、その方法を知りたい」「成長期をフル活用し、身長をできるだけ高くしたい」という人に向けて、その方法について解説しています。

そして、そのために『成長応援サプリメント』を使うことをこのサイトではオススメしています。

 

 

 

以下の悩みを持つ方に読んで欲しい

 

このページはこんな悩みを持つお子さん、またはその親御さんに読んでもらいたい内容です。

・成長期に思ったほど身長が伸びなかったらどうしよう
・成長期が止まった時に平均より低かったら辛い
・高身長になりたい、してあげたい
・もっと身長があれば、才能は発揮されると思う
・身長が低いと社会に出た時のデメリットが多い
・身長は遺伝で決まっていて、諦めている

 

 

身長が伸びないことに悩むサッカー少年からの相談

 

こういった質問をいただいたので、ご紹介します。

 

「運動しているのに思ったほど身長が伸びない」ので調べてみると「運動しすぎると身長が伸びない」なんて話もあるのですが、運動しても身長は伸びないのでしょうか?

それとも運動量に問題があるのでしょうか?

僕は中学2年生でサッカー部に所属しています。

冬は基礎トレーニングがメインとなり、3年生以外は毎日10km走・筋トレ・短距離ダッシュなどをしています。

今158cmでサッカー選手としても小さく、センタリングが上がっても高さで負けることも多く、「チビ」「もう少し身長があったらねぇ~」とバカにされます。

Jリーガーの平均身長を調べたら177cmとあったので、その身長くらいにはなりたいと思っています。

 

14歳男子の平均身長は162cmなので、平均から比べると少し低いですが今後の成長期の伸びを考えると、誤差の範囲内ではないかと思います。

それをふまえた上で、身長を伸ばすために何をすればいいのかについて解説していきましょう。

 

 

「身長を伸ばす=体を成長させる」なので、そのためには押さえておきたい3つのポイントがあります。

よく言われていることなのでご存知だと思いますが、『バランスのよい食事』『適度な運動』『質の高い睡眠』です。

 

その上で、いくつかアドバイスしたいと思います。

 

 

「適度な運動」は身長を伸ばすのか?

 

『適度な運動』に関しては相談者はサッカー部に所属しているので問題はないでしょう。

ただ、1つだけ気になる点があってそれが「毎日10km走と筋トレ」です。

過度の運動は骨に負担がかかりますし、筋肉のつきすぎは身長を伸ばすのを邪魔します。

 

ジョギング程度の負荷であればいいのですが「10kmを60分で走る」という目標だとしたら、中学生にはかなり高い負荷になります。

地域の市民マラソンなどで10kmを走るとしても、平均で60~90分と言われています。

こういった市民マラソンに出る人というのは、日常的にマラソンをしている大人が多いですが、それでも1時間前後はかかるわけですから、それを毎日やるのは『身長を伸ばすという点においてはマイナス』だと感じます。

 

 

また筋トレも自分の体重を重りにした自重トレならいいですが、10kgのダンベルなどは高負荷なのでやめておきましょう。

身長を伸ばす運動としては骨に縦方向の圧力がかかる運動、具体的にはバスケットボールやバレーボールなど飛び跳ねる機会の多いスポーツがよいと言われています。

 

 

「質の高い睡眠」が成長に必要な理由

 

『良い睡眠』については相談者は毎日ハードな練習をしているので、疲れてぐっすり眠れていると思いますので心配なさそうです。

ただ、一般的な話をすると1日7~8時間寝るのが勧められていますが、単純に7~8時間寝ればいいというものではありません。

 

例えば、8時間寝たのに朝起きても眠気が取れず、余裕で二度寝できそうという状態ってありませんか?

この場合は2つの可能性が考えられます。

1:疲れが酷いので1日の睡眠では疲れが取れていない
2:睡眠の質が浅く、睡眠時間と回復量が比例しない

という2つです。

 

 

「1:疲れが酷いので1日の睡眠では疲れが取れていない」は、合宿でハードなトレーニングをした次の日とかがわかりやすいでしょう。

ヘトヘトで帰ってきてすぐに寝たのに、朝起きたら体はダルいし、筋肉痛で痛いし、もっと寝ていたいと思う。

こういう状態は『ドラゴンクエスト』で言うなら、ホイミなどの回復呪文の回復量よりも、モンスターから受けるダメージ量の方が多い状態です。

ゲームだとそのまま続けるといつか体力が尽きてしまいますが、現実世界だと疲労による怪我や故障に繋がるので要注意です。

 

そして身長の伸びにも大きな影響を与えます。

それはなぜかと言うと、食事で補給した栄養は『生命維持』『体の回復』『成長』という順番で使われるからです。

疲労度が高ければ高いほど体の回復に栄養の大半を使うことになるので、成長まで栄養を回せなくなります。

ですので、回復量を上げるためには睡眠がもっとも大切です。

 

スポーツの強豪校の生徒が大人の2倍以上の食事を毎日摂っているのは、それくらい食べないと成長まで栄養やエネルギーを回せないからです。

常に新しいスポーツの知識を学んでいる指導者がいるところでは、週に1回は練習のない日を作ったり、土日でも朝から晩まで練習をしないようにするなど、「休息もトレーニングだ」と位置づけているところもあります。

しかし、まだまだ昔ながらの古臭い「猛練習をすれば強くなる」という意識の指導者が多いのが現場の実情でしょう。

 

 

「2:睡眠の質が浅く、睡眠時間と回復量が比例しない」は、寝ても寝ても疲れが取れないなどの症状がある状態です。

スマホが当たり前になってきてからはこういった症状を訴える人が大人子ども関係なく増えています。

 

スマホの画面から出るライトの光は日光と同じくらいの強さがあるため、夜寝る前に暗い部屋でスマホを見ていると、日中にいるのと同じ状態になります。

強い光を浴び続けると、目から入った光が脳へ行きます。すると脳は「明るいし、まだお昼なのかな?」と勘違いします。それが深夜の2時だとしても。

その結果、睡眠リズムがおかしくなり、寝たのに疲れが取れないとか寝ても寝ても眠いとなり、心身の疲労が溜まっていきます。

 

 

ですので、寝る1時間前はスマホを見ないようにしましょう。

・・とはいっても既読スルーするとうるさいから返事しないといけないという事情もあるでしょうし、最近では未読スルーでもうるさいらしいですね。

未読スルーなんてほぼ未読と同じだと思うのですが、それはもう古い考えなのでしょうか?(苦笑)

 

 

「バランスのよい食事」は理想論?

 

『バランスのよい食事』って実は結構難しいです。

お母さんが作ってくれている食事はできるだけバランスよく作ってくれていると思いますが、それでも不完全なことの方が多いです。

 

そもそも本当の意味でバランスのよい食事って、かなり大変です。

例えば「加工食品やレトルト食品は使わない」というルールを1つつけただけで、料理が得意な人でない限り、かなりレパートリーが制限されてしまいます。

また「昔ながらの和食」もバランスのよい食事の代表ですが、僕もそうですけど今の若い子も和食より洋食の方が好きですよね?

野菜炒めよりはハンバーグの方がいいと思うのです、特に成長期の年齢だと。

 

 

だから、厳密な意味でバランスのよい食事を作ると昔から食べなれていない限りは、毎日続くと食事に楽しさを感じなくなり、食事量も減っていくでしょう。

盆とか正月に田舎に帰った時、おばあちゃんが作る料理はイマイチ食がそそらないと思うことってあるかもしれませんが、あの状態が毎日続くとなれば当然ですが食事量も減るし、摂取できる栄養量も減ります。

 

例えば、お鍋ってバランスのよい食事を取るための方法としては最適なんですよ。

でも、毎日お鍋が続いたらどうですか?

子どもとしては「えー?またお鍋?」ってなる子の方が多いでしょう。

僕も子どもの頃は冬になるとお鍋ばっかりでしたが、その時は本当に嫌でしたね。お鍋でご飯をガツガツ食べれるというわけでもないですから。

大人になればお鍋のよさもわかってきますが、子どもにはアッサリしすぎている食べ物ですね、お鍋って。

 

そのため子どもにあわせると、どうしても偏ってしまいます。

そして「その偏った中でできるだけ栄養バランスをよくする」というのが実情だと思います。

また意識せず食べていると自然と炭水化物とタンパク質に偏ってしまいますし、肥満や生活習慣病も引き起こしくやすくなっています。

 

(※図はイメージです)

 

ですので、現代の食事はカロリーという側面では十分な量を取れていても、栄養という側面では十分な量が取れていないので、その分をサプリメントで補うというのが一般的な考え方です。

 

 

成長応援サプリを使うメリット、使わないデメリット

 

【飲むことで得られるメリット】
・いつも一番前だった子が真ん中になった
・子どもの成長に不安を感じていたが、その不安がなくなった
・栄養が無駄なく吸収されるから、食事で取るよりも効率的に取れる
・伸び盛りな成長期に不足しがちな栄養を補給できる
・服をかっこよく着こなせて、女の子にもモテるようになった
・チームの足を引っ張ることもなくなり、試合でも活躍できる
・背が低い自分に自己嫌悪だったが、今は自分のことが好きになれた
・背が伸びて自信がついたのか、顔つきも変わった
・他の子との差が縮まった、他の子との差が気にならなくなった

 

【飲まないことで起こるデメリット】
・食事からだと十分な栄養が取れないため、思ったほど伸びない
・スポーツで他の子に負けて、結果が出ない、やめたくなる
・低身長で自信がなくなり、弱気な子になる
・平均より身長が低くなり、就職や恋愛で不利になる
・「身長が低いままじゃないのか」という不安が現実になる
・常に見下されたように感じ、性格がひねくれてしまう
・他の子より小さいことが気になり、引っ込み思案になる

 

 

成長応援サプリの感想や口コミ

 

成長応援サプリメントを実際に使っている方の感想や口コミを少しだけ集めてみました。

 

 

僕が見た中には「飲んだらすぐに身長が伸びる」と勘違いしている感想もありますが、飲んですぐに背が伸びるならノーベル賞ものの大発明です。

成長応援サプリメントはそういった万能薬ではありません。

あくまでも成長期を最大限に活かし、成長を大きくサポートするためのものです。

 

 

ゲームでいう強化アイテムというイメージの方が近いでしょう。

例えば『ポケモン』で「レベルアップドリンク」というアイテムがあり、これを使うと「30分間、経験値+300」という効果があります。

成長応援サプリメントもこれと同じで、「成長期に飲むことで成長スピードにボーナスを加えることができる」というイメージです。

 

 

オススメのサプリベスト3とその解説

 

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』

%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04

【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

1日たったの68.3円。

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』

【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら

 

 

成長応援サプリを手にする前に読んでおきたい記事

 

大学のスポーツ推薦が取れる基準を満たす選手の共通点と栄養事情
子どもの成長期を知り、中学生&高校生が身長を伸ばす方法とは?
身長差の違う男との会話から分析した、低身長の原因とは?
牛乳だけだとカルシウム不足に?偏食でも身長を伸ばす栄養補給法
成長ホルモンの分泌と働きを減らし、不足状態にする3つの要因とは?
背の低い子が成長期前までにしておきたい身長を伸ばす2つのポイント

 

コメントは受け付けていません。