成長ホルモンの分泌と働きを減らし、不足状態にする3つの要因とは?

食生活や生活スタイルが欧米化した戦後から、日本人の平均身長はどんどん伸びていきました。

しかし、ここ15年くらいは横ばい状態になっています。

その要因は大きく分けて3つあり、そのどれもが「成長ホルモンの分泌に大きく関わっている」ということです。

 

まず3つの要因を挙げましょう。

・睡眠
・住まい
・食事

この3つです。

 

 

「睡眠」で注意すること

 

「睡眠」は「ゴールデンタイムに寝れば成長ホルモンがよく出ていい」という話を聞いたことがある人も多いでしょう。

しかし、最近では塾通いが小学生低学年くらいから始まっている家庭もあるみたいで、そのせいで寝る時間も遅くなり、睡眠不足にもなっているのが原因と考えられていました。

 

149

 

もちろん十分な睡眠が取れていないのも原因の1つですが、もっと大事なものが「熟睡できていない」ということです。

熟睡に段階に入った最初の数時間で成長ホルモンが多く分泌されます。

ということは、浅い眠りで長時間寝ても成長ホルモンは分泌されないし、疲れも取れないのです。

 

ではなぜ熟睡に入りにくいのか、その一番大きな原因と思うのが「スマホ」です。

寝る前にスマホでYoutubeを見たりゲームをする子も多いかもしれませんが、スマホの画面の光は睡眠を妨げ、体が昼だと勘違いします。

そのため、寝る1時間前にはスマホを見ないという習慣をつけないと、熟睡するのは難しいかもしれません。

 

 

「住まい」で注意すること

 

「住まい」は例えば、マンション住まいか一軒家住まいかという違いが挙げられます。

マンションだと間取りにもよりますが、自分の部屋が与えられていないとか、うるさくしたら上下左右の家に迷惑がかかるなど、家の内外で他人を気にして過ごすことになり、どうしてもストレスが溜まります。

その点、一軒家だと自分の部屋があったり、多少うるさくしても大丈夫ということがあり、マンションなどで済むよりはストレスが緩和されると思います。

 

171

 

そして、このストレスも成長ホルモンの分泌を妨げます。

しかも、住居となるとそう簡単に移ったりできないため、ストレスの原因から解放させにくいです。

 

 

「食事」で注意すること

 

「食事」は日本人の平均身長を伸ばすのに大きな影響がありました。

これだけ日本人の身長が伸びたのは洋食の好影響があると思います。

しかしその反面、洋食の悪影響もあります。

それが「肥満」です。

 

洋食は肉をメインで食べることが多いので、体を大きくするタンパク質をたくさん摂取することができます。

ただ、その分だけカロリーや脂質もたくさん摂ってしまい、肥満の原因になります。

 

075

 

メジャーリーガーのダルビッシュ有みたいに「唐揚げの衣を取って食べる」ということができれば、いっぱい食べても大丈夫ですが、なかなか子どもには難しいですよね。

むしろ、唐揚げってあの衣があってこそって感じじゃないですか(笑)

 

そして、肥満も成長ホルモンの分泌を妨げます。

さらに肥満だと成長ホルモンが出にくくなると、さらに肥満が進行します。

成長ホルモンは脂肪を分解したり、血中のコレステロールを低下させる働きがありますが、成長ホルモンの分泌が低下するとそれらの働きも低下します。

 

 

3つの中で一番変えやすいものとは?

 

こんな風に「睡眠」「住まい」「食事」という3つの要因それぞれで、成長ホルモンの分泌を妨げることが起きています。

ですので、できることならこれらの要因を潰していって、成長ホルモンの分泌を促すようにしたい。

でも、家庭の事情でなかなか難しいということもあるでしょう。

 

特に「住まい」は明日引っ越すなんてできないですし。

「睡眠」も受験があるとやっぱり難しい。

そうなると「食事」が一番やりやすいです。

低カロリーで高タンパク質の食事が多い和食にシフトしていくというのが最善の策だと思います。

 

036

 

ただ、いきなり洋食から和食に食事内容が変わると、子どもは戸惑いますし、下手すれば食事量が激減してしまうかもしれません。

やっぱり子どもって洋食が好きですし、逆に魚や煮物が嫌い(というか食べなれていない)という子も多い。

そのため少しずつ変えていく方がいいと思います。

 

 

成長ホルモンの分泌を増やし、促進させるために

 

そして、その移行期間は「サプリメント」を使って補うといいでしょう。

成長ホルモンの分泌を促す栄養素にはアミノ酸・ビタミン・亜鉛・カリウム・マグネシウム・カルシウムなど、多岐に渡ります。

これらを食事で取るのが一番いいですが、それを毎日用意するのはかなりの重労働です。

 

172

 

しかも、洋食から和食へとシフトするために献立もいつも以上に考えないといけない。

ですので、ちょっとラクをするというか、効率よく成長ホルモンの分泌を促す栄養素を補給ができて、お母さんの日々の負担を減らすためにも、サプリメントの活用はアリだと思います。

 

→ 背が低い原因は小食と不眠?子どもの将来を考えた栄養補給の方法!

 


オススメ成長応援サプリランキングBEST3

第1位:『フィジカルB』

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b8%e3%82%ab%e3%83%abb

【フィジカルB、商品レビュー】

・スポーツ指導者や専門家が選ぶ成長サプリ!

・消化吸収率95%で、栄養が無駄なく吸収。

・15種類の「伸びる栄養素」を配合。

・定期コースなら毎月半額。

・定額コースは1回目からでも中止や解約がOK!

・30日間全額返金保証付き。

 『フィジカルB』の公式サイトはこちら
第2位:『アスミール』
%e3%82%a2%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%bc%e3%83%ab04 【アスミール、商品レビュー】

・楽天ランキングで第1位を獲得。

1日たったの68.3円。

・合成保存料・合成甘味料・合成着色料を不使用!

・初月は半額の2050円(※3ヶ月の継続が条件)

 『アスミール』の公式サイトはこちら
第3位:『マックスノビール』
【マックスノビール、商品レビュー】

・成長期5大成分を黄金バランスで配合。

・元プロ野球選手も推奨。

・定期コース先着100名限定、半額キャンペーン(※2ヶ月の継続が条件)

・安心の60日間返金保証。

 『マックスノビール』の公式サイトはこちら
Sponsored Link

コメントは受け付けていません。